日々の記録

【2021/11/15-11/21 練習まとめ】青島太平洋マラソンに向けて最後の30km走

11月15日(月)〜11月21日(日)の練習メニュー

先週のハーフマラソンを引きずっているのか、週末の30km走が不安の残る結果に・・・

 

 

結局30kmを走り切ることができずハーフの距離で終了。

今の自分の実力というのを見極めた上で、青島太平洋マラソンのペースをどうするか考えたいと思います。

 

11月15日 負荷の高い練習(ペース走)

10kmペース走

3'46"-3'37"-3'38"-3'36"-3'35"-3'34"-3'32"-3'25"-3'25"

 

会社メンバーでASICS WORLD EKIDEN 2021に出場するということで、

10km区間を走りました。

駅伝といっても実際にタスキをつなぐということではなく、オンラインなので、

自分の好きな時間に好きな場所でそれぞれが走り、合計タイムを競うというレースです。

 

とはいえ、みんなで集まって走った方が盛り上がるだろうということで、

エントリーしている6名は代々木公園に集まり、みんなで一緒に走りました。

 

僕は同じ10kmを走るNさんと一緒に走りました。

やっぱり一緒に走るというだけでも、気持ちが楽になりますね。

 


ラスト2kmはペースアップして終了。

先週末からのセット練としては距離も踏めたのでよかったです。

 

11月21日 負荷の高い練習(21kmペース走)

21kmペース走

3'30"〜3'32"/kmペース

ラスト2kmは3'35"/kmまでペースダウン

12月の青島太平洋マラソンに向けて最後の30km走。

当日走る予定の3分30秒/kmペースで走り切りたかったのですが、

17km過ぎたくらいできつくなり、ペースダウン。。。

結局21kmでやめてしまいました。

ヒラケン
本当に不安の残る形での終了となりました。

 

残りの調整でどこまで自信を取り戻せるかわかりませんが、(というか調整で自信を取り戻すのは難しい・・・)

自分の体と相談しながら走るペースを考えたいと思っています。

 

ぎっくり腰からどうも調子があがっておらず、なかなかしんどい状況ですが、

自分の練習内容も含めて見直す時期なのかもしれません。

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人

ヒラケン

平野賢(ひらのけん)
1980年4月8日生まれ
メンバー5000名超のランニングサークルWindRun代表
40代でスマートシューズ開発のスタートアップに転職/2,000名規模の駅伝大会主催 / JogNote取締役 /40代で各種目自己ベストを更新。自己ベスト更新に至るまでの練習内容や考察をブログに残しています。

■自己ベスト
1500m:4'13"(41歳)
3000m:8'58"(41歳)
5000m:15'28"(40歳)
ハーフ:1:12:03(39歳)
フル:2:34:06(39歳)

-日々の記録
-, ,

© 2021 40代でも自己ベスト更新