日々の記録

【2021/10/25-10/31 練習まとめ】徐々に負荷を上げていく

総括

先週は走れなくなっていることにショックを受けてしまいましたが、

今週は走れていた頃の自分を取り戻しつつあり、自信につながりました。

一喜一憂しても仕方のないこととわかってはいるのですが、やはり走れるようになってきていることは嬉しいです。

まだ、腰の痺れがあるので完全な状態ではありません。

11月にもなりますし、治療院にいく回数を少し増やしつつ完璧な状態で12月の青島太平洋マラソンを迎えたいと思います。

総括

  • 走れるようになってきていると気持ちもあがり、練習の質もあがります。
  • 一方でまだ完全な状態ではないので、この時期に焦りすぎや自信過剰になるのは禁物です。怪我をした頃を思い出し、無理しすぎないようにしたいとお美緒ます。

 

  • この記事を書いた人

ヒラケン

平野賢(ひらのけん)
1980年4月8日生まれ
メンバー5000名超のランニングサークルWindRun代表
40代でスマートシューズ開発のスタートアップに転職/2,000名規模の駅伝大会主催 / JogNote取締役 /40代で各種目自己ベストを更新。自己ベスト更新に至るまでの練習内容や考察をブログに残しています。

■自己ベスト
1500m:4'13"(41歳)
3000m:8'58"(41歳)
5000m:15'28"(40歳)
ハーフ:1:12:03(39歳)
フル:2:34:06(39歳)

-日々の記録
-, ,

© 2021 40代でも自己ベスト更新