自己ベストチャレンジ

第30回 関東マスターズ陸上競技選手権大会に出場してきました。

41歳にして初めてマスターズに登録し、6月20日がレースデビューでした。

マスターズに登録しようと思ったきっかけが、40歳を超えてから5000m、3000m、1500mと立て続けに自己ベストを更新したからです。

ヒラケン
今ならマスターズでも通用するかもしれない!

僕の年齢(41歳)だとM40というカテゴリーになり、40歳〜44歳が対象になります。

40歳を超えてくるとできるだけ若い方が活躍できる可能性があると思い、東京マスターズに登録をしました。

今のご時世、大会が本当に開催されるのかギリギリまでわからなくてヤキモキしていましたが、無事に開催が決まって本当に良かったです。

欲張ってしまい、マスターズ初出場にもかかわらず5000mと1500mの2種目にエントリーしました。

レースを振り返りたいと思います。



次のページへ >

  • この記事を書いた人

ヒラケン

平野賢(ひらのけん)
1980年4月8日生まれ
メンバー5000名超のランニングサークルWindRun代表
40代でスマートシューズ開発のスタートアップに転職/2,000名規模の駅伝大会主催 / JogNote取締役 /40代で各種目自己ベストを更新。自己ベスト更新に至るまでの練習内容や考察をブログに残しています。

■自己ベスト
1500m:4'13"(41歳)
3000m:8'58"(41歳)
5000m:15'28"(40歳)
ハーフ:1:12:03(39歳)
フル:2:34:06(39歳)

-自己ベストチャレンジ
-, , ,

© 2021 40代でも自己ベスト更新