自己ベストチャレンジ

第30回 関東マスターズ陸上競技選手権大会に出場してきました。

5000m

タイムスケジュールは

5000m:10時40分〜

1500m:12時30分〜

と5000mの方が先でしたが、このスケジュールで良かったと思っています。

1500mを走った後にこの3倍走らないとなのか・・・と思うと5000mは気が滅入りそうだったので。

僕の走る組はカテゴリーでいくとM24、M30、M35、M40、M45で、全部で11名でした。

ちなみに僕と同じカテゴリーは僕を含め2名・・・。つまり完走すれば表彰対象になります。

今回は目標を16分切りに設定しました。

多少消極的でしたが、5000mと1500mの2種目を走るということで、できるだけ1500mに疲れを残しておきたくなかったからです。

召集場所にいくと、厚底のシューズを履いている人もちらほらいました。

僕は勝手にマスターズは規定も厳しくて、シューズもルール通りでないといけないと思い込んでいました。

ヒラケン
割とゆるい感じなんですね。。。

規定を守らないとと思っていた僕はNIKEのドラゴンフライを用意していました。

先日1500m走った時にドラゴンフライで良いタイムが出たので、履きこなす自信はあったのですが、5000mという長い距離をスパイクで走るのは実は人生で初でした笑

41歳で1500mで自己ベストタイ(4分13秒8)

続きを見る

そして、いよいよスタートです。

最近ハマっているGarminのハートレートセンサーをつけて、レースでの心拍がどうなのかも測ります。

スタート直後、1人のランナーが飛び出します。

200mの通過が34秒でかなり速かったので、無理してついていかず、僕は3分10秒/kmを刻むことを意識しました。

最初の1000mは3分08秒。

想定内の走りです。しかし、どうも調子が上がらない。。。

ランナーに一人追い付かれ、後ろをついて走ることに。

それでも、前との距離が開いていっていたので、すぐに抜き返し前をおうことに。

ただ、全くペースがあがらない。

2000mの通過が3分15秒/km。あまりのペースダウンでしたが、目標のペースが3分12秒/kmなので、

最初の1000mと平均して、3分12秒ということで落ち着くように言い聞かせました。

タイムが一気に落ちたので、意図的にペースをあげて走ろうとしました。

しかし気温が高かったせいなのか、スパイクに慣れていないせいなのか、ずるずるとペースが落ちている感覚でした。

そして実際にペースは落ちていました。。。

3000mの通過が3分19秒/km。さらにペースを落としてしまい、気持ちも切れてしまいました。

さらに悪いことは重なるもので、練習のときには一度も起きなかったGarminのハートレートセンサー がみぞおちからずり落ち、腰のあたりまできてしまいました。

正確に心拍をとることもできない、ペースもどんどん落ちていく。。。

後は惰性で走る形となってしまいました。

一度気持ちがきれるとずるずると落ちてしまい、4000mの通過は3分23秒/km。

もはや挽回することもできないくらい落ちており、気持ち的には1500mに少しでも体力を残しておこうと、消極的な走りになりました。

ずっと並走していたランナーにラスト1周のスパートで一気に離され、がんばれば多少なりともついていけたかもしれないけれども、無理にあげることもなく、ゴール。

結果は16分28秒。M40カテゴリー1位。

ここまでの失敗レースは久しぶりだったので、気持ちがかなり沈んでしまいました。

でも、レース終了後に並走していたランナーが声をかけてくれ、また彼の知り合いのランナー(1500mで同じ組で走る人)も紹介してくれたことが、マスターズの良さ(別にマスターズだけでなくてどのレースでもあることだと思いますが・・・)を感じることができ、次の1500m頑張ろうと気持ちを比較的すぐに切り替えることができました。

同じレースを走ったランナー同士を称え合う、あまり最近なかったので清々しい気持ちになりました。



次のページへ >

  • この記事を書いた人

ヒラケン

平野賢(ひらのけん)
1980年4月8日生まれ
メンバー5000名超のランニングサークルWindRun代表
40代で各種目自己ベストを更新。自己ベスト更新に至るまでの練習内容や考察をブログに残しています。

■自己ベスト
1500m:4'13"(41歳)
3000m:8'58"(41歳)
5000m:15'28"(40歳)
ハーフ:1:11:25(41歳)
フル:2:34:06(39歳)

-自己ベストチャレンジ
-, , ,

© 2022 40代でも自己ベスト更新