日々の記録

2021年10月の振り返り -人生初のぎっくり腰でリズムを崩す-

負荷の高かった練習メニュー

10月3日(日)

“10kmペース走”

3'23"-3'28"-3'28"-3'27"-3'29"-3'30"-3'27"-3'32"-3'29"-3'33"

10月21日(木)

“1000m×3

3'10"-(67")-3'10"-(68")-3'09"

10月23日(土)

30kmペース走

前半15km:4'30"/km

15km〜20km:4'00"/km

20km〜30km:3'55"/km→3'50"/km

10月28日(木)

1000m×5 rest70s

3'10"-(67")-3'12"-(64")-3'11"-(67")-3'10"-(66")-3'07"

10月31日(日)

30kmペース走

前半3'55"/km 後半3'50"/km

ぎっくり腰から復活しての後半2週間は予定通り練習をこなすことができました。

復活直後はおもうように走れずショックもありましたが、少しずつ前の自分を取り戻しつつあると感じています。

人生初のぎっくり腰は良い経験になったと思います。

と12月に笑って振り返れるようにしっかり青島太平洋マラソンに向けて準備していきたいと思います。

 

総括

人生初ぎっくり腰で全てのリズムが崩れたような焦燥感があったのと、

やはりランニングを抜きにしてしまうと物事が全体的にうまくまわらないような感覚があります。

自分にとって走るということは単なる趣味ではなく、生活をうまく回していくための潤滑油であると感じています。

 

 

走ることに囚われすぎるのもよくないと思いますが、自分の好不調を正しく理解するうえで、必要な要素だと感じているので、

やはり長く続けていきたいと思います。

そのために自分も40歳を超えているということを改めて自覚し、

怪我・故障をせずに走り続けていくために必要なメンテナンスはしっかりしていきたいと思います。

 

あとランニングフォーミュラにあるように追い込みすぎないということも、今後より大切になってくるなと新たな発見のあった10月でした。

 

  • この記事を書いた人

ヒラケン

平野賢(ひらのけん)
1980年4月8日生まれ
メンバー5000名超のランニングサークルWindRun代表
40代でスマートシューズ開発のスタートアップに転職/2,000名規模の駅伝大会主催 / JogNote取締役 /40代で各種目自己ベストを更新。自己ベスト更新に至るまでの練習内容や考察をブログに残しています。

■自己ベスト
1500m:4'13"(41歳)
3000m:8'58"(41歳)
5000m:15'28"(40歳)
ハーフ:1:12:03(39歳)
フル:2:34:06(39歳)

-日々の記録
-, , ,

© 2021 40代でも自己ベスト更新