WindRun

第17回 ハイテクタウン駅伝に出場してきました

昨年12月の奥多摩駅伝以来、久しぶりにWindRunメンバーと駅伝大会に出場してきました。

この状況下で駅伝が開催されること自体に感謝です。

4月25日からまたまた緊急事態宣言が発令されるということから、1日ずれていたら開催自体できていなかったかもしれません。

 

みんなで西台駅待ち合わせで会場まで向かう。

現地集合でもよかったのですが、一緒に会場まで向かう間に色々と話をし、チームとしての結束を高める(いや、そんなたいしたものではないけれども)そういう時間が僕は好きです。

今回の参加チーム数は一般、混成あわせて150チーム程度と規模はそれほどおおきくありませんが、それでも会場に到着すると多くのランナーがいて、活気がありました。

みんないつも通り走ったりできないことにストレスを感じていたので、今日くらいは楽しもう、そういう気持ちが表れているようです。

今回は3チーム編成です。(敬称略)

WindRunレッド(一般)

1区:Yuckey
2区:カープ
3区:サンバ
4区:mizuki

WindRunブルー(一般)

1区:きうちゃん
2区:せん
3区:ジェレミー
4区:あさい

WindRunピンク(混成)

1区:りえりえ
2区:ほりん
3区:マイミ
4区:ヒラケン

一般の2チームはできるだけ、競ることができるように走力をあわせたつもりです。
そして、混成は優勝狙いで。

一般の部

9時30分、一般の部がスタート。

チーム数は100を超えていたので、スタート時直後の塊はなかなか見応えがありました。

1区はYuckeyときうちゃん。

最近調子をあげてきているYuckeyはしっかりと16分台で走り切りました。

きうちゃんは怪我があったり、前日仕事が忙しくあまり睡眠がとれていなかったということで、なかなかタイムがあがってこず。。。

ここが1つ目の誤算でした笑(きうちゃんを責めているわけではないです)

 

2区はカープ君、せん君。

練習に波のあるカープ君ですが、最近は月間300km走っているということで、体も前よりスリムになり、なんと16分を切って走ってきました。

ここが2つ目の誤算でした・・・

誤算が2つも重なると、もはやチームとして競り合うということは絶望的です笑

 

3区のサンバさん、ジェレミーにたすきが渡る頃には3分以上差がついており、勝負ありという感じでした。

それでも、2人は近いタイムで走っており、ここは予想的中。(というかよくよく考えたら予想があたったのはここくらい??)

 

そして、4区のmizukiさん、mizukiさんの同僚のあさいさんも17分ちょっとのペースで走り、事前に申告してくれたタイムに近い感じで走ってくれて、アンカーまで競っていたら面白い展開だったなと思います。

それにしても二人ともフォームが綺麗でした。

またぜひ一緒に練習したいですね。

mizukiさんからは1500mの練習メニューを教えてもらったのでオトナのタイムトライアルに向けてチャレンジします。

 

結果

WindRunレッド
1時間09分52秒 18位

WindRunブルー
1時間14分31秒 25位

混成の部

混成の部は40チーム弱ということで、これはいけるだろうと思っていましたが、アップしている様子を見ると、どうみても女性陣のレベルが高そう。。。

やっぱりなかなか大会がないので、ここにあわせてきているチームが多そうです。

男性陣で巻き返す作戦です。

 

11時30分、混成の部スタート。

1区:女性、2区:男性、3区:女性、4区:男性

と区間ごとに性別が決められており、それはわかりやすくてよかったです。

1区はやはりエースを投入してきているチームが多く、WindRunの女性エースりえちゃんを投入しましたが、5位。

どんだけレベル高いんだ・・・と思いつつも、上位でくるのはさすがです。

 

2区のほりん君が一気に順位をおしあげてくれて2位。

やっぱり頼りになる男です。

タイムも16分を切ってきており、これからまた一緒にレース出るのも楽しみです。

 

3区はまいみちゃん。

この駅伝大会に向けて猛特訓をしてきており、かつ最近発売したばかりのヴェイパーフライNext2も購入して。気合十分。

今回本当に女性陣のレベルが高い中で、練習の成果を遺憾なく発揮し、4位でたすきをつないでくれました。

 

4区の僕にたすきが渡った時点で1位、2位とは3分以上離されていたので、さすがに追いつくのは難しい差でした。

それでも3位とは30秒程度の差ということで、なんとしてもで3位入賞を果たしたい。

その思いから最初ツッコミすぎました。駅伝あるあるですね。

3kmくらいのところで3位には追いつきましたが、結構疲れてしまっていたため、なんとか抜かれないように走り切るのがやっとという感じでした。

個人的にもタイムが15分55秒と、15分30秒くらいで走りたかったので物足りない感じでした。

とはいえ、3位入賞を果たすことができたので、大満足です!

駅伝はやっぱり緊張感や達成感をみんなで共有できるので本当に楽しいですね。

 

最近は表彰式のない大会も多い中で、表彰式もきちんとやってくれ、インタビューまでしてもらえて気持ちよく大会を終えることができました。

結果

WindRunピンク
1時間11分55秒 3位

 

今回募集から締め切りまであまり時間のない中でエントリーしてくれた皆さん、本当にありがとうございました!

こういう状況だからこそ、改めて駅伝の良さ、WindRunの良さを感じることができました。

サークルを立ち上げた頃の初心も思い出せました。

また緊急事態宣言が発令されてしまいますが、いつか元どおりに何も気にせず走ったり、わいわい打ち上げしたりできる日が必ずくると思うので、それまでは色々注意しながらにはなりますが、走り続けましょう!

  • この記事を書いた人

ヒラケン

平野賢(ひらのけん)
1980年4月8日生まれ
メンバー5000名超のランニングサークルWindRun代表
40代でスマートシューズ開発のスタートアップに転職/2,000名規模の駅伝大会主催 / JogNote取締役 /40代で各種目自己ベストを更新。自己ベスト更新に至るまでの練習内容や考察をブログに残しています。

■自己ベスト
1500m:4'13"(41歳)
3000m:8'58"(41歳)
5000m:15'28"(40歳)
ハーフ:1:12:03(39歳)
フル:2:34:06(39歳)

-WindRun

© 2021 40代でも自己ベスト更新