日々の記録

【2021/10/11-10/17 練習まとめ】リハビリジョグの再開

総括

ぎっくり腰をなんとか乗り越えることができ、いよいよ12月のフルマラソンに向けて本格的に練習を再開していくことができそうです。

とはいえ、一度怪我をしているのでいきなりトップギアでやることが怖いので、慣らしの期間が必要です、

来週1週間は慣らし期間として、これならいけそうという状況をしっかり作りたいと思います。

総括

  • ジョギングだけの1週間でしたが、今週はリハビリジョグと割り切っていたいので、走行距離にとらわれることなくリラックスした気持ちで走ることができました。
  • ときどきそういう1週間を作ってみるのは良いかもしれません。常に張り詰めた状況だと気持ちもしんどくなってきますし、結果的に怪我にもつながるような気がします。
  • 普段感じていることをもっと楽に吐き出すことも精神衛生上は大切だと思い、アメブロを始めました。思ったより簡単に更新できるので、アメブロも続けていきたいと思います。
練習内容を残しておきたい人におすすめの本

東京オリンピックで見事6位入賞を果たし引退をした大迫傑選手のランニングノート。

オリンピックまで何を感じ、どう行動していたのかがわかり、「あー、大迫傑も1人の人間なんだ」と実感するとともに、やっぱりすごいと改めて感じました。

練習日誌を実際につけることができるノートもついていて、記載する内容は参考にしたいと思います。

  • この記事を書いた人

ヒラケン

平野賢(ひらのけん)
1980年4月8日生まれ
メンバー5000名超のランニングサークルWindRun代表
40代で各種目自己ベストを更新。自己ベスト更新に至るまでの練習内容や考察をブログに残しています。

■自己ベスト
1500m:4'13"(41歳)
3000m:8'58"(41歳)
5000m:15'28"(40歳)
ハーフ:1:11:25(41歳)
フル:2:34:06(39歳)

-日々の記録
-,

© 2022 40代でも自己ベスト更新